読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主

 

三日坊主がずっと後ろからついてきていたのを、僕は見ようとしていなかった。

どこまでもどこまでも彼はついてきていた。

 

「どうしたの。もう終わりでいいの。」

彼は僕に問いかけていたのに、僕は聞こえないフリをした。

 

 

おまいは誰と戦っているんだ (なぜ日本の経済政策は間違いだらけなのか)

実力主義は間違い

 実力主義だと制度を強者優位に変更するのは倫理的に間違っている。

 スタート地点が違う人が競争するのは公平ではない。

 また、この手の不公平な競争が有効であると経済学的に証明されたことはない。

 

②雇用流動化政策は間違い

 解雇をし易くする雇用流動化政策は、論法として間違っている。

 解雇をし易くした場合、次の職業として、高所得に就職できればその理屈は正しいが、実際は低所得の産業に就職することになる。

派遣法改正により、低賃金の仕事は増えた。しかし、本来は賃金は能力の向上に比例して上がっていくべきである。就職後能力を習熟させ生産性を高めていく図式は解体された。

 

③格差は間違い

 格差拡大は、経済に悪影響をもたらす。

 所得や資産が多い人は消費する割合は低い。貧困世帯は消費する割合が高い。貧困世帯に金が回らないので、経済活動の根幹である消費が減る。

 

④格差がなくなると社会主義みたいに失敗するは間違い

 社会主義が失敗した理由は、格差がないからではなく、権力を一部に集中させたことである。政治的な腐敗や計画経済が失敗を生んだのである。

 特に政府が無限の計算力を持たない時点で、計画経済は非効率の温床となった。みんなで考える市場経済が勝つのは必然であった。

 その他の理念については、未だに結論は出ていない。スウェーデンは格差が小さいが、ある程度成功している。

 

⑤異次元緩和は間違い

 金利の引き下げは、将来の経済効果を今に集中させているだけである。好景気時に異次元緩和を実行すると、次回の経済危機があったときに、対応する手段を失うことになる。

 

⑥企業優遇=経済改善は間違い

 低賃金の雇用形態から、高賃金の雇用形態に、全体として成長していくのが本来あるべき姿である。それは、優秀な企業がそれに導くわけではないし、雇用流動化が導くわけではない。就職前や就職後の労働者が能力を開発し続けることが出来るようにすることが、日本全体の生産性の向上に繋がることになる。

 

⑦移民政策は間違い

 移民政策は低賃金の仕事を増やし、日本人を労働市場から押し出す。

 移民により、全体としての連帯感は薄くなり、信頼関係に基づいた効率性は解体されることになる。

 移民政策によって得をするのは、都心の地主と経営者である。

 

⑧経済が大事は間違い

 経済は短期的な近視眼的な目線である。一時的に良くなっても将来的に借金をもたらすようでは意味がない。これを大事にするのは、不景気のときだけでよい。

 

⑨このままでいいは間違い

 少子高齢化、ITにより労働者減少、格差拡大による機会の不平等と平均的な生産性の低下、財政の悪化、これらは現在進行形であって、短期的な問題ではない。

 

⑩上を変えろ!は間違い。

 悪者を倒して、変化をもたらして、経済を改善して、無駄をなくす、そんなことで、トップを変え続けているが、問題は本当に政治家なのだろうか。誰かが考えてくれる、専門家が考えることだ、無関心でいい、どうでもいい、考えることはダサい、上が悪いと言うが、本当にそうなのだろうか。

 民主主義なのだから、制度的には有権者が世界を変えることができるのである。日ごろ考えずに人任せにしているから思ったとおりの運用にならない。自分たちで日ごろから制度設計について考えて議論していないから、チェックが働かないのだ。好きにやられるのだ。

 不満ばかり愚痴ばかりの学級クラスの運営に近い状態になっていると思う。

 民主主義の基盤がしっかりしていて、制度が理解され、政策議論が日常的になされる環境であれば、本来問題は生じにくいはずなのだ。

 

理論的根拠の幾つかは、ピケティなど。

解決法は明快ですが、またいつか。

紹介 ピケティ白熱講義、メッシ、卓球等

 

①ピケティ関係(1~6回)

<トマ・ピケティ講義>第1回「21世紀の資本論」~格差はこうして生まれる~ - YouTube

感想 

まず、まったく硬くない。実証データによる講義で非常にわかりやすい。格差問題に興味がある人は是非お勧めする。なかなか思っている問題意識を人に伝えられない人は、ピケティの権威を借りて、この動画を紹介するだけでもよい。 

 

トマ・ピケティ21世紀の資本で大激論! - YouTube

感想

日本の番組は非常にレベルが低い。

 

②メッシ関係

【なぜこんなにボールが離れないのか?】メッシ魔法の神業ドリブル集 - YouTube

感想

メッシはタッチが多いわけでもなく、ボディフェイントで抜いている。

ドリブルする軌道は、大体似通っている。

抜くのは中央か縦かの二択になるが、身体の軸をずらすことで、DFとの距離感を有利に持っていっている。

抜くときは、フェイントの反動で抜いていることが多いと思う。

当然ながら、最後はスピードで一気に行っていると思う。

 

人工知能関係

人工知能の最前線~人口減・職の減少・ビジネスに与えるインパクト - YouTube

感想

人工知能の学者のお話を聞く機会はなかなかないので、それだけでも価値がある。

内容は多少専門的でありつつも、素人でも聞ける内容。聞けば聞くほど危機感が増す。

 

④経済関係

その時歴史が動いた 「経済危機 世界を揺るがす - YouTube

感想

1929年の金融恐慌のときの経済危機の実態を見ていきながら、2008年の危機を比較していく内容で、今後の問題を考える原点となる。

昔も今も、風船が膨らんだ後に、金利引き上げによって、破裂していくのだ。

日本の金融危機についても興味深い。問題はなかったにもかかわらず、実際には金融危機が起きた事例について紹介されていた。

 

⑤卓球関係

全農杯全日本卓球カブ凄いレベルのバンビ小学生男子決勝戦!!2016年!! - YouTube

感想

小学一年生、卓球暦一年でこの動き・・・やばない?

色々な意味で、卓球をする機会があれば、やる前にモチベーションをあげるために見ると良い。

最近の問い

経済学関係

・今後の社会科学の研究は、複数のデータを活用することが主体になるのではないか。時間的空間的に検証を引き延ばすことで、堅牢性を高めることが大事なのではないか。

・そこで経済学は大きな役割を果たすのではないか。

・今までは、理論ばっていて机上の空論になりやすく、現実から離れていたのではないか。

・実証も、あまりに固定的なモデル化を目指し過ぎていたのではないか。現実の社会は、固定的な前提によるものではなく、変化し続ける前提による社会であり、変数の軸自体が変わり続ける代物であるのに、そこに相関係数や回帰分析など統計的な手法を正確に検証したところで、意味はあるのかどうか。

・研究は二極化すべきで、机上のシンプルなモデルの提示と、それを統合する、現実に寄り添った歴史的な実証分析だと思うのだがどうか。

 

金融予測関係

・市場とは実体の影であるのではないか。

・影には実体があり、実体には複数の影があるのではないか。

 

格差関係

・格差は教育格差を生み、平均的な能力を引き下げ、平均的な賃金水準を引き下げるのではないか。

・広く信じられている、「競争原理」は、実は実証されていないのではないか。

・格差があると消費がなくなり、景気が悪くなるのではないか。

・格差は今後放置されると拡大するのではないか。拡大した結果、不安定な社会になるのではないか。

 

今後の経済関連

・人口の減少は、既に生じている秋田県の事例が参考になるのではないか。

・土地の価格が下がりGDPが減少するのは自然な現象ではないか。

・数年単位で大きな衝撃を受けることになるのではないか。

・金融政策は限界に達しており、次の経済危機に対応できないのではないか。

・土地価格を下げたくない人が移民を推進しているのではないか。

・「景気」というワードは、短期的な事象に焦点を当て、本質から避けるためのワードではないか。

・「雇用流動化」というワードは、経営者有利に使われ過ぎていないか。本来は、労働者の能力向上こそが雇用流動化になるのではないか。

 

人工知能関係

人工知能の限界点はどこにあるのか。

人工知能は賃金格差を拡大するのではないか。

人工知能は賃金水準を引き下げるのではないか。

人工知能に合わせた社会になるのではないか。

人工知能が引き起こすリスクはどこにあるか。戦争等に応用されるとどうなるのか。

・行政が加工しやすいデータを公開していく時代になるのではないか。

・変数を独自に取得し、加工し、生成し、下位の課題を再設定する仕組みが出来てしまうのかどうか。

・責任が生じるもの、リスクが大きいものはなかなか変われないのではないか。

 

心理関係

・正しく理解する右脳と、分析し予測する左脳があり、男性は左脳優位の傾向があるのではないか。

・右脳を伸ばすには、瞑想や散歩等が必要なのではないか。

NHK クローズアップ現代 「“仕事がない世界”がやってくる!」 20160315 感想

www.youtube.com

ITを使った新サービスで失われる仕事について紹介しています。

ITは労働を効率化する反面、仕事が減っていきます。

ポール・サフォー教授は、5年、10年後には自分の仕事がなくなりのが当たり前になり、大きな変化の影響は企業のトップでさえ無関係でいられないと言います。

踏み込んだ内容ではなかったですが、未来に警鐘を鳴らす内容でした。

 

まとめ

・雇用はあと20年で半分になる。

・IT技術により雇用が減り、新たに生じた職業も不安定なり、結果として格差が広がる。

・事務、物流、警備、広告、調理、農業、清掃、建設、通訳、秘書などが人工知能にかわる。

スウェーデンでは、失業率が高い中で、勤務時間を減らして雇用を増やし、収入をそのままにして、人件費を増やした上で、業績を伸ばす企業が紹介されていた。

・スイスでは、ベーシックインカムの議論が進められている。

 

感想

・雇用はあと20年で半分になる。について

 確かに雇用はなくなると思う。

 長い歴史で見ても、家事や農業といった基本的な労働に我々は縛られてきたが、効率化により開放されてきた。より良い生活という質の向上のため、我々は労働をしてきて、またある程度の成果がもたらされた。これ以上の生活水準の向上は難しい時代にきていることを考えると、労働が減るだけになるのではないか

・IT技術により雇用が減り、新たに生じた職業も不安定なり、結果として格差が広がる。

 格差は広がると思う。

 効率化をもたらす側ともたらされる側に二分する。教育はそういう事情に対応する必要がある。

・事務、物流、警備、広告、調理、農業、清掃、建設、通訳、秘書などが人工知能にかわる。。

 衣食住が低コストで実現できるなら、生きてはいける気がするが。

スウェーデンでは、失業率が高い中で、勤務時間を減らして雇用を増やし、収入をそのままにして、人件費を増やした上で、業績を伸ばす企業が紹介されていた。

 格差が大きいままでは税収も減り消費も減り、負のスパイラルとなる。雇用を負やす永続的な仕組みが存在しないのが難しいところである。

・スイスでは、ベーシックインカムの議論が進められている。

 ベーシックインカムを成立させるための制度設計がなされるかどうか。

 社会保障を一本化することで社会保障費を削減した上で、高所得者層の税率を引き上げるのかどうか。

 方法論ありきで、課題の整理がされていないように思う。課題を共有し、解決する手段の議論の検討の中で、ようやく国民の理解が得られるのではないか。私の想像では、まだいくつか踏むべきステップがあるように思う。

 

 

現在の資本主義社会の行く末は、労働時間の格差に繋がると思う。

能力のある人は長時間働くことになり、能力のない人は雇用がなくなるのだ。

民主主義なのか資本主義なのか、このままだと、どちらかを選ばないといけなくなる。

「幸せのメカニズムー実践・幸福学入門」(慶應SDMの講義「システムの科学 と哲学」の一部) 感想

www.youtube.com 

 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科における前野隆司教授の講義の一部だとのこと。

 幸福の学問というと、某宗教が連想されるが、きちんとした心理学等の学問研究を紹介しています。

 後半の研究の幾つかは、慶応SDMでの研究で判明した内容だそうです。

 時間としては長いが、聞き流していると面白い内容が耳に入ってくるので、なかなか入っていける。

 幸せという誰もが考える内容について、統計の裏づけを持って研究していくというのは、当然ながら興味深い。

 これが無料というのはすごい。是非観てみてください(本も売っているそうです)。

 

まとめ

①長続きする幸せについて

 地位財(社会的地位、勝利、物等個人の進化に関わること)と非地位財(環境、自主性、健康、愛情等個人の生活に関わること)のどちらが長続きし易い幸せかというと、非地位財である。他人との競争ではなく、他人との比較によらない幸せの方が長続きし易い。

②男女の幸せ格差

 アメリカではあまり差はないが、日本では世界的にも格差は大きく女性が幸せ。

③非地位財の心理的要因について

 成長、つながり、楽観、独立(自己判断)の四つの軸がある。

④利他について

 利他的な行為をすると、それだけで幸せになる。

⑤友達について

 友達が多い人ほど幸せになる。幸せな友達がいるほど幸せになる。

⑥幸せな人

 金物地位、健康、環境、心理要因(上記)の四つを全て満たしている人である。

⑦性格と幸せ

 外向性、協調性、勤勉性、情緒安定性、知性の5つについて、幸せと相関がある。

⑧地域と幸せ

 九州と沖縄は幸せ、日本海側は所得の割りに幸せ、北関東は不幸せ、東京は幸せな傾向がある。

⑨幸福学の応用研究

 基礎研究を基にした、製品やサービスの研究をしている。

 

感想

①長続きする幸せについて

 非地位財の方が長続きしやすいというのはなるほどと思った。

 競争的なものは、目標であり、点であるが、環境は面であるということか。

 とはいえ、非地位財を手にいれるにあたっては、地位財を望む場合もあると思う。地位財を否定するものではなく、あくまで、地位財は手段だと考える優先順位の関係が大事なのだと理解した。

②男女の幸せ格差

 日本の女性が幸せな理由としては、女性は所得が低い人は結婚しているし、結婚していない人は所得が高いなど自己実現があり、補完できているが、男性の場合は両方の相関が強いのではないだろうか。孤立して不満のある集団があるのではないか。あくまで例外はあると思うし、ただの感想だが。

③非地位財の心理的要因について

 成長、つながり、楽観、独立(自己判断)の四つの軸があるってのは納得感がある。独立とは、集団に流されない価値観のことだというが、これも納得である。でもこれって、社会的な地位が高い勝者なんかは、勝手に該当しちゃうんじゃないの?っていう元も子もない結果を思ったりする。あくまで手段としては有効に思えてきた。

④利他について

 俺にたまに奢ってくれる課長は幸せなのだろうか。ありがとう課長。俺もいつか幸せになるために奢ろうと思う。

⑤友達について

 友達が多い人ほど幸せになると言われると、友達の少ない俺は考え込んでしまった。友達を多いというより、多く作れる魅力的な人は、確かに幸せに思える。

⑥幸せな人

 金物地位、健康、環境、心理要因(上記)の四つを全て満たしている人である。「全て」というのは納得した。

 幸せというのは不満でない状態だと以前から思っていた。ボトルネックがあると引っ張られやすいのではないか。私の場合は健康がネックになりやすいと思っている。

⑦性格と幸せ

 外向性、協調性、勤勉性、情緒安定性、知性の5つについて、幸せと相関がある。友達が多そうだ。俺は嫉妬した。

⑧地域と幸せ

 九州や日本海外側は、比較的格差が小さいのではないか。北関東は関東と比べてしまうのではないか。関東は格差が大きい地区だ。格差で切り取ると多少はわかりやすいのではないか。

⑨幸福学の応用研究

 製品の研究が紹介されていたが、マクロ的な政策とも相性が良いように思う。幸せでなければならないと押し付けるのは気持ちが悪いが、不幸を取り除く視点は必要だと思う。

 所得が向上し、繋がりが増え、格差が小さく、男性が幸せになりやすい社会になれないかなあと思ったり。また、幸福経営学に期待したり。

 

しかし、こう踏み込んで考えてみると、幸せを管理されたくもないような気もする。

あくまで自己実現の形で、自然と幸せを獲得していける、そんな機会が平等な社会ができたらいいのではないでしょうか。と思いました(感想)。

〔サイエンスZERO〕人工知能の大革命!ディープラーニング 感想

www.youtube.com

 

これまでの人工知能は、人間が設計図を書いて、人間が調整していた。このため、複雑なパターンを持つ囲碁や画像認識では、人間に遠く及ばない力だった。

ところが、昨今の人工知能は、学習する力を獲得した。これにより、ゲームや画像認識など、多くの分野で短時間で成果を出すことになった。

番組編成は、深く踏み込んだ内容ではないものの、ベーシックで上手くまとまっていた。応用技術の具体例を多数例示していて、人工知能の可能性を示す上では目的を十分に達成していた。

具体例から、今後の発展について色々と考えてみた。

 

内容まとめ

①多角的な画像認識

 これまで平面ベースの画像認識しか出来なかったが、画像データさえあれば、多面的な特徴を結びつけて捉えられるようになった。

 ②手書きの文字認識

 これまで特徴を人間が定義していたが、これでは定義から漏れる些細な違いを区別することが出来なかった。しかし、現在は画像データさえあれば、区別することが可能になった。

 ③医療診断

 画像認識技術を応用することで、医者並み(以上?)のガン診断が可能となった。

 ④人間の感覚

 触覚・視覚など人間が持つ感覚を模倣し、複数のセンサーを複合的に学習することが可能となった。一方の感覚を封印したとしても、感覚を補完し、想像しながら対応することが可能になった。

 ⑤言葉と画像

 言葉と画像を結びつけることが可能になった。文章のような複雑な課題から、関連する絵を作成することが可能となった。

 ⑥課題学習

 掴み方やゲームなど定義したり、教えたりしなくても、独自に学習し試行錯誤を繰り返して、確実に課題を捉えることが可能になった。

 ⑦機械学習

 データさえあれば、独自にデータの判断の濃淡に重みを付けて、試行錯誤を繰り返し、遺伝子の進化のように、上手行ったパターンを見つけて行く学習が可能となった

 

感想

 これまでも、飛脚が車になり、会計担当がソフトになり、食器洗いが食洗機になりと技術革新は人間に影響を与えてきたが、今回は技術が汎用的である点が少し違う。 データさえあれば、簡単に機械化できる時代が広がっている。

 また、現在は行政もこうした産業構造の変化に対応するため、統計データの加工しやすいデータ形式で公開していく流れが進んでおり、大きな流れとして、進歩が進むのだろう。

 まだどこまで変化をもたらすか明確でないように思われるが、いくつかの影響が考えられる。以下は妄想。

・労働を効率化し、賃金を低下させる要因になる。

・監視カメラの精度が向上し、監視技術が高度化する。

・人間の感覚を模倣から、哲学・脳科学の観点での人間らしさについての研究が進む。

・法律、医療など多くの分野で、ある程度の水準まで診断コストが低下する。

・人間が持っていない感覚を複合的に学習することで、今まで存在していなかったタイプの学習が可能となる。

・データ化できる分野とできない分野の棲み分けが一時的になされ、その後、できない分野が飲み込まれていく。

・人間関係の調整、規模の小さい分野及び企画立案に関係する分野は、比較的模倣が難しい。

 

この大きな変化に対して、人間の哲学がまだ追いついていない。

多くの人間が影響を受ける中で、今後人間が人間らしさを確保していく必要があると思う。長い目で見たときに、誰しもが安全ではない。

人工知能が人間を越える判断力を持ったときに、例えば人工知能に頼らなければ競争に負けてしまう状況が作られてしまったら、人間はどう整理するのか、まだ答えは出ていない。

また、道路が整備されて車が動きやすくなったように、人工知能が活躍しやすいように、人間社会も変わっていかざるを得なくなっていくかもしれない。

しかし、一方で限界も見えてくる面もある。

人工知能は責任を持つ事が出来ない。

学習は経験(データ)がなければすることは出来ない。

目的(課題)は人間が設定し、基本的なプログラムは人間が作る。

などなど、人間独自が持つ領域もある。

 

もしかすると、これらの領域を整理する分野の人間は巨万の富を築くことになるかもしれない。

今後の変化をまだまだ追う必要がある。