読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主

三日坊主がずっと後ろからついてきていたのを、僕は見ようとしていなかった。 どこまでもどこまでも彼はついてきていた。 「どうしたの。もう終わりでいいの。」 彼は僕に問いかけていたのに、僕は聞こえないフリをした。

おまいは誰と戦っているんだ (なぜ日本の経済政策は間違いだらけなのか)

①実力主義は間違い 実力主義だと制度を強者優位に変更するのは倫理的に間違っている。 スタート地点が違う人が競争するのは公平ではない。 また、この手の不公平な競争が有効であると経済学的に証明されたことはない。 ②雇用流動化政策は間違い 解雇をし易く…

紹介 ピケティ白熱講義、メッシ、卓球等

①ピケティ関係(1~6回) <トマ・ピケティ講義>第1回「21世紀の資本論」~格差はこうして生まれる~ - YouTube 感想 まず、まったく硬くない。実証データによる講義で非常にわかりやすい。格差問題に興味がある人は是非お勧めする。なかなか思っている問…

最近の問い

経済学関係 ・今後の社会科学の研究は、複数のデータを活用することが主体になるのではないか。時間的空間的に検証を引き延ばすことで、堅牢性を高めることが大事なのではないか。 ・そこで経済学は大きな役割を果たすのではないか。 ・今までは、理論ばって…

NHK クローズアップ現代 「“仕事がない世界”がやってくる!」 20160315 感想

www.youtube.com ITを使った新サービスで失われる仕事について紹介しています。 ITは労働を効率化する反面、仕事が減っていきます。 ポール・サフォー教授は、5年、10年後には自分の仕事がなくなりのが当たり前になり、大きな変化の影響は企業のトッ…

「幸せのメカニズムー実践・幸福学入門」(慶應SDMの講義「システムの科学 と哲学」の一部) 感想

www.youtube.com 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科における前野隆司教授の講義の一部だとのこと。 幸福の学問というと、某宗教が連想されるが、きちんとした心理学等の学問研究を紹介しています。 後半の研究の幾つかは、慶応SDM…

〔サイエンスZERO〕人工知能の大革命!ディープラーニング 感想

www.youtube.com これまでの人工知能は、人間が設計図を書いて、人間が調整していた。このため、複雑なパターンを持つ囲碁や画像認識では、人間に遠く及ばない力だった。 ところが、昨今の人工知能は、学習する力を獲得した。これにより、ゲームや画像認識な…

NHKスペシャル 「マネー・ワールド 資本主義の未来」 1~3集 の感想

マネー・ワールド 資本主義の未来 第1集 世界の成長は続くのか https://youtu.be/iM6GX36AaZk 資本主義は前進し続け、かつてない問題を生み出している。 不況の長期化、グローバル企業の税逃れ、国家と企業の規模の変化、深刻な格差社会・・・。 今までなか…

哀しい結末

二階から人が飛び降りた。 なんでも、随分前から、Twitter上で、愚痴をこぼしていたらしい。 何度も考えたりもするのだが、きっと彼女にしてみれば、私の気持ちなんてわからないと思ってしまうのだろう。 東京の不景気を仙台で同時に体験できないよう…

首なし怪獣の話

その怪獣は、とても大きい。 そして、首が切られても切られても、倒れることはなく、何度となく再生を繰り返した。 取れてしまった首は、そのままどこかに歩いて消えた。 新しい首は、必ず以前の首を非難した。 彼はいつも街のために働いていた。 大食漢で、…